ハイブリッドカーや電気自動車等環境に優しいエコカーと呼ばれる自動車の保有率は近年上昇を続けています。
環境意識の高まりやガソリン代の高騰、補助金の導入といったことは当然その要因なのですが、エコカーの性能向上や価格そのものの下落が後押ししていることは間違いありません。

ご存知の方も多いとは思いますが、ハイブリッドカーは、ガソリンと電気の2つの動力源を持ち、従来のガソリンエンジンでは不効率になる低速時には電気モーターが、一定スピードがでるようになるとガソリンエンジンが自動的に選択される、ある意味「いいとこ取り」の機構を持った自動車です。
それでは問題です。ガソリンは従来の自動車同様、ガソリンスタンドで給油するわけですが、電気の補給はどうするのでしょうか?

実は、プラグインハイブリッドと呼ばれる自動車を除き、ほとんどのハイブリッドカーはエンジンの力で走りながらモーターをまわして発電し、生じた電気をバッテリーに充電する仕組みになっています。また、減速時に回生ブレーキを働かせることでも電気を発生させることができます。このことで効率的に発電・充電することができ、結果として低燃費な走行を実現させているのです。