日本においてはプリウスの発売以降一般的になってきたハイブリッドエンジンですが、構造は簡単でガソリンエンジンと電気モーターを両方つんだ物です。
車種によっていろいろあるのですが、一般的には低速域ではモーターを使い、高速になるとエンジンに切り替えることで低燃費と排気ガスの減少を出来るという利点があります。
しかす、両方を載せるという事はそれだけ整備の手間はかかりますし、購入の際の金額も増えるという点があり、また廃棄の際に手間がかかるという問題があます。
また、こういった自動車に乗せるモーターを動かすための電池には、劣化が遅く大容量のリチウムイオン電池を使うのが一般的なのですが、リチウムイオン電池の製造や、モーター部品の製造なども含めると一般的なガソリン自動車よりも環境への影響が高いという説もあります。
そういった理由の為、登場からそれなりの時間がたった今でもハイブリッド車が広く広まったとは言いにくいですが、最近の車離れの世相の中、一定の売り上げを伸ばしているハイブリッド車はどのメーカーもこれから主力商品になると言われており、現地の事情からハイブリッドよろディーゼルに力を入れていた欧米メーカーも力を入れるようになっています。