ハイブリッド車の特徴と言えば何といってもその環境性能でしょう。ガソリンエンジンと電気モーターという二つの動力源を絶妙に組み合わせることで圧倒的な高燃費をマークします。地球温暖化が叫ばれる今日、この環境性能の高さに惹かれるユーザーは数多いことでしょう。ハイブリット車は自動車メーカーによって仕組みや味付けがやや異なりますが、基本的には大きな排出ガスが発生する発進時及び低速時には電気モーターでの駆動を行い、ある一定の速度に達してからガソリンエンジンでの駆動に切り換わるというシステムを取っています。モーターを駆動する電力を供給するバッテリーが蓄えている電力が不足した場合にはガソリンエンジンが発電機となって充電を行うのです。このため、排出ガスは考えられる限りの最低限度まで少なくすることができ、かつ燃料消費率も極めて高水準であることが実現できるわけです。実はハイブリッド車は次世代のエコ・カーへの橋渡し的存在にすぎないと言われる場合があります。実際にハイブリッド車に代わるエコ・カーも徐々に開発されつつありますが、ガソリンスタンドなどの燃料の供給インフラの整備状況と航続距離や入手コストの値ごろ感なども考えると、まだまだハイブリッド車が活躍できる時代が続きそうです。