ハイブリット車の動力としては、通常のガソリンを使うエンジンとバッテリーから供給される電気で動くモーターの2つが用意されています。その2つの動力はコンピュータで制御をされており、適時に両者を切り替えることによって低燃費が実現されています。ハイブリット車が発進する時においては、モーターを使って始動することになります。それによって、ガソリンの消費を抑えることが可能となり、全体としての低燃費に繋がってくることになってきます。また、ガソリンのエンジンを使わないことで、始動時に出るマフラーからの排気ガスを減らすことが実現できています。ハイブリット車が一定の速度に達すると、通常のガソリンを使うエンジンに切り替わることになってきます。その後、信号が赤になるなどして車が減速を開始すると、ハイブリット車では減速する力を利用してバッテリーに充電が行われる仕組みがあります。そのため、ハイブリット車では頻繁に充電をする必要がないです。減速時に電気として変換されたエネルギーは、再び自動車が加速する時のエネルギーとして使われます。その結果として、ハイブリット車は従来のガソリン車にくらべて、大幅な燃費の向上を果たすことが可能となっています。