ディーゼルエンジンと言えば、一昔前までは、排気ガスがひどく汚れているために、環境汚染の一番の原因とまで見做されていました。しかし、現在ではディーゼルエンジンは、見直されています。ディーゼルエンジンと言うのは、圧縮して高温になった空気に軽油を吹き込んで発火・爆発させ、その力でピストンを押し出す形式の内燃機関の一種です。ガソリンエンジンとの違いは、ピストンが下がる吸入行程のさいには、空気のみをシリンダー内に取り込むことにあります。これに対してガソリンエンジンの場合、空気とガソリンとの混合気体が入ってきます。吸入行程の次は、シリンダー内をピストンが上がってくる圧縮行程となりますが、この時、ディーゼルエンジンは空気しか圧縮されていませんから、プレイグニッションやノッキングと言った事象が起きてエンジンを壊すことがありません。そのため、シリンダー内の空気の圧縮率をガソリンエンジンよりも高くすることができるため、排気圧も高くすることができ、排気圧を利用するターボチャージャーとの相性が良いので、効率が高く、二酸化炭素排出量も少なくて、燃費もガソリン車よりも良いのです。環境汚染物質の排出も、排気ガス浄化システムが進化することによって、大変少なくなりました。また、ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンよりも部品数が少なく、信頼性も高くなっています。これらの理由から、現在ではディーゼルエンジンが見直されているのです。