クリーンディーゼル車とは、排出ガス規制の基準であるポスト新長期規制に適応しており、粒子状物質や窒素酸化物の排出量が少ないディーゼル車のことです。ポスト新長期規制は、世界的にも非常に厳しい規制のため、エコカーとして補助金・減税対象の車両になっています。
従来のディーゼル車は、騒音が大きいや黒煙を出しながらはしるなどの環境に悪いイメージがありますが、ディーゼル車は燃費が良く、CO2の排出も少なく優れた環境性能があります。コモンレールシステムと呼ばれ新しい燃料噴射システムにより、騒音や排気ガスなどの従来のディーゼル車のデメリットが克服されました。
そのため、ディーゼル車のメリットである力強いトルクにより、思いのままに加速できながらも静かでスムーズな走行感を味わうことができるため、長距離ドライブでもストレスなく運転することができます。
ガソリンエンジンと比べると30%程度燃費が良く、ガソリンよりも安価な軽油が燃料のため、走行コストを節約することができます。また、自動車導入補助金や自動車取得税、重量税の免除などの優遇を受けることが可能です。
日本でも次世代自動車の一つとして認定され、購入できる車種が徐々に増えています。