» 未分類のブログ記事

クリーンディーゼル車とは、排出ガス規制の基準であるポスト新長期規制に適応しており、粒子状物質や窒素酸化物の排出量が少ないディーゼル車のことです。ポスト新長期規制は、世界的にも非常に厳しい規制のため、エコカーとして補助金・減税対象の車両になっています。
従来のディーゼル車は、騒音が大きいや黒煙を出しながらはしるなどの環境に悪いイメージがありますが、ディーゼル車は燃費が良く、CO2の排出も少なく優れた環境性能があります。コモンレールシステムと呼ばれ新しい燃料噴射システムにより、騒音や排気ガスなどの従来のディーゼル車のデメリットが克服されました。
そのため、ディーゼル車のメリットである力強いトルクにより、思いのままに加速できながらも静かでスムーズな走行感を味わうことができるため、長距離ドライブでもストレスなく運転することができます。
ガソリンエンジンと比べると30%程度燃費が良く、ガソリンよりも安価な軽油が燃料のため、走行コストを節約することができます。また、自動車導入補助金や自動車取得税、重量税の免除などの優遇を受けることが可能です。
日本でも次世代自動車の一つとして認定され、購入できる車種が徐々に増えています。

ディーゼルエンジンの特徴は大きなトルクを発生させることができることと、熱効率の高さにあります。振動やエンジン音が大きくなるといったデメリットもありますが、力強さと燃費の良さを必要とする産業用の車両には適しているエンジンです。したがってトラックなどの大型自動車やショベルカーやクレーンなどの大型建設機械、船舶、鉄道車両などといったもののエンジンとして広く採用されています。
これらの車両等のエンジンには大きなトルクが必要になることはいうまでもありませんが、ほとんどが経済活動に直結する分野で使用されているものですので、コストの面も重要な要素になってきます。ディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて高い耐久性が求められているため、制作時のコストは高くなってしまうのですが、燃費効率の良さに加え、ガソリンよりも価格の安い軽油を使用することから、ランニングコストはガソリン車よりも軽減されるのが大きな魅力なのです。
また最近では窒素酸化物や硫黄酸化物といったディーゼルエンジン特有の有害な排ガスの排出量を、ガソリン自動車並みに減少させた新しいディーゼルエンジンが開発されたため、ヨーロッパを中心に普通乗用車にも広く搭載されるようになっています。

ディーゼルエンジンと言えば、一昔前までは、排気ガスがひどく汚れているために、環境汚染の一番の原因とまで見做されていました。しかし、現在ではディーゼルエンジンは、見直されています。ディーゼルエンジンと言うのは、圧縮して高温になった空気に軽油を吹き込んで発火・爆発させ、その力でピストンを押し出す形式の内燃機関の一種です。ガソリンエンジンとの違いは、ピストンが下がる吸入行程のさいには、空気のみをシリンダー内に取り込むことにあります。これに対してガソリンエンジンの場合、空気とガソリンとの混合気体が入ってきます。吸入行程の次は、シリンダー内をピストンが上がってくる圧縮行程となりますが、この時、ディーゼルエンジンは空気しか圧縮されていませんから、プレイグニッションやノッキングと言った事象が起きてエンジンを壊すことがありません。そのため、シリンダー内の空気の圧縮率をガソリンエンジンよりも高くすることができるため、排気圧も高くすることができ、排気圧を利用するターボチャージャーとの相性が良いので、効率が高く、二酸化炭素排出量も少なくて、燃費もガソリン車よりも良いのです。環境汚染物質の排出も、排気ガス浄化システムが進化することによって、大変少なくなりました。また、ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンよりも部品数が少なく、信頼性も高くなっています。これらの理由から、現在ではディーゼルエンジンが見直されているのです。

ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンと異なり、広い回転域で大きなトルクを発揮しやすいという特徴があります。大型車と相性が良く、大型化に適した仕組みになっています。
ガソリンエンジンと基本構造は、ほとんど変わりませんが、ディーゼルの燃料は軽油を使用します。
ガソリンは、火を近づけると炎を上げて燃え始めますが、軽油の場合は、ガソリンのようには燃えません。しかし、熱を加えた場合の着火は軽油の方が発生しやすいです。ディーゼルは、この燃料の違いを生かす機構が盛り込まれているため、高温にして自然発火しやすいように圧縮比が高くなるように構造されています。
ディーゼルを小型車に適用すると重たく頑丈に作ることになるため、ガソリンエンジンで作ったほうが軽くてハイパワーにできやすいです。ガソリンエンジンの場合は、1気筒あたりの排気量の限界がありますが、ディーゼルの場合は、限界がないためドラム缶のようなピストンが上下することがあります。同じ排気量であれば、ガソリンエンジンの方が高出力ですが、大型車などは重量があるため、大出力が必要となりディーゼルが適しているとされます。また、大型船舶用エンジンでは、燃焼室のいろいろなところから燃焼できるディーゼルが向いています。

日本で用いられている自動車の多くはガソリン車です。ガソリン車は、燃料であるガソリンを燃焼させたときの爆発力を、車輪を回転させる力に変換して走行します。

このガソリン車に対して、さらなる燃費向上を目的として開発されたのが、ハイブリッド車です。
ハイブリッド車は、ガソリンを使用する原動機(ガソリンエンジン)に加え、電気モータという補助的な原動機を備えています。
走行中には、モータによる駆動力を付加的に使用することにより、ガソリンの消費量を抑えることができるため、燃費が向上します。

多くのハイブリッド車では、モータを駆動するための電気は、ガソリンを使用する原動機の駆動力の一部を使用して発電することによって得ており、その電気は、リチウム電池からなる蓄電池に蓄電されます。モータの駆動も必要なときには、蓄電池に蓄えられた電気を使用してモータを駆動します。

また、最近では、電気モータを駆動する電気を、家庭用電源から充電することができるタイプのハイブリッド車、すなわち、プラグインハイブリッド車も市場に出ています。
このプラグインハイブリッド車は、夜間などの自動車を使用しないときに、自宅のコンセントにプラグをつないで充電しておくことができます。

ハイブリッドカーや電気自動車等環境に優しいエコカーと呼ばれる自動車の保有率は近年上昇を続けています。
環境意識の高まりやガソリン代の高騰、補助金の導入といったことは当然その要因なのですが、エコカーの性能向上や価格そのものの下落が後押ししていることは間違いありません。

ご存知の方も多いとは思いますが、ハイブリッドカーは、ガソリンと電気の2つの動力源を持ち、従来のガソリンエンジンでは不効率になる低速時には電気モーターが、一定スピードがでるようになるとガソリンエンジンが自動的に選択される、ある意味「いいとこ取り」の機構を持った自動車です。
それでは問題です。ガソリンは従来の自動車同様、ガソリンスタンドで給油するわけですが、電気の補給はどうするのでしょうか?

実は、プラグインハイブリッドと呼ばれる自動車を除き、ほとんどのハイブリッドカーはエンジンの力で走りながらモーターをまわして発電し、生じた電気をバッテリーに充電する仕組みになっています。また、減速時に回生ブレーキを働かせることでも電気を発生させることができます。このことで効率的に発電・充電することができ、結果として低燃費な走行を実現させているのです。

ハイブリット車の動力としては、通常のガソリンを使うエンジンとバッテリーから供給される電気で動くモーターの2つが用意されています。その2つの動力はコンピュータで制御をされており、適時に両者を切り替えることによって低燃費が実現されています。ハイブリット車が発進する時においては、モーターを使って始動することになります。それによって、ガソリンの消費を抑えることが可能となり、全体としての低燃費に繋がってくることになってきます。また、ガソリンのエンジンを使わないことで、始動時に出るマフラーからの排気ガスを減らすことが実現できています。ハイブリット車が一定の速度に達すると、通常のガソリンを使うエンジンに切り替わることになってきます。その後、信号が赤になるなどして車が減速を開始すると、ハイブリット車では減速する力を利用してバッテリーに充電が行われる仕組みがあります。そのため、ハイブリット車では頻繁に充電をする必要がないです。減速時に電気として変換されたエネルギーは、再び自動車が加速する時のエネルギーとして使われます。その結果として、ハイブリット車は従来のガソリン車にくらべて、大幅な燃費の向上を果たすことが可能となっています。

ハイブリッド車の特徴と言えば何といってもその環境性能でしょう。ガソリンエンジンと電気モーターという二つの動力源を絶妙に組み合わせることで圧倒的な高燃費をマークします。地球温暖化が叫ばれる今日、この環境性能の高さに惹かれるユーザーは数多いことでしょう。ハイブリット車は自動車メーカーによって仕組みや味付けがやや異なりますが、基本的には大きな排出ガスが発生する発進時及び低速時には電気モーターでの駆動を行い、ある一定の速度に達してからガソリンエンジンでの駆動に切り換わるというシステムを取っています。モーターを駆動する電力を供給するバッテリーが蓄えている電力が不足した場合にはガソリンエンジンが発電機となって充電を行うのです。このため、排出ガスは考えられる限りの最低限度まで少なくすることができ、かつ燃料消費率も極めて高水準であることが実現できるわけです。実はハイブリッド車は次世代のエコ・カーへの橋渡し的存在にすぎないと言われる場合があります。実際にハイブリッド車に代わるエコ・カーも徐々に開発されつつありますが、ガソリンスタンドなどの燃料の供給インフラの整備状況と航続距離や入手コストの値ごろ感なども考えると、まだまだハイブリッド車が活躍できる時代が続きそうです。

 日本においてはプリウスの発売以降一般的になってきたハイブリッドエンジンですが、構造は簡単でガソリンエンジンと電気モーターを両方つんだ物です。
車種によっていろいろあるのですが、一般的には低速域ではモーターを使い、高速になるとエンジンに切り替えることで低燃費と排気ガスの減少を出来るという利点があります。
しかす、両方を載せるという事はそれだけ整備の手間はかかりますし、購入の際の金額も増えるという点があり、また廃棄の際に手間がかかるという問題があます。
また、こういった自動車に乗せるモーターを動かすための電池には、劣化が遅く大容量のリチウムイオン電池を使うのが一般的なのですが、リチウムイオン電池の製造や、モーター部品の製造なども含めると一般的なガソリン自動車よりも環境への影響が高いという説もあります。
そういった理由の為、登場からそれなりの時間がたった今でもハイブリッド車が広く広まったとは言いにくいですが、最近の車離れの世相の中、一定の売り上げを伸ばしているハイブリッド車はどのメーカーもこれから主力商品になると言われており、現地の事情からハイブリッドよろディーゼルに力を入れていた欧米メーカーも力を入れるようになっています。